結婚相談所のタイプ


結婚適齢期が高齢化してきた現在、結婚相談所の利用者がとても増えています。そんな中、結婚相談所には大手結婚相談所と地域密着型結婚相談所の2種類に分けることができるのではないでしょうか。どちらもメリット、デメリットがありますが、まず大手結婚相談所の場合、会員数が非常に多いため、自分にぴったりの人を探しやすいというメリットがあります。大手結婚相談所では会員が5万人を超す相談所もあります。特に最近はネットを利用した結婚相談所がほとんどなので、日本中の多数の会員の中からマッチングする人を簡単に探せるという魅力も。また大手結婚相談所はメディアや雑誌などのCMなどで目にする機会も多く、利用者にとっては安心感にもなります。

もう一つのタイプである地域密着型結婚相談所の場合は大手とは逆に、あまり名前も知られていない相談所がほとんど。それに大手結婚相談所のように登録人数も小規模です。しかしスタッフとの関係はアットホームで、とても親切にいろいろなアドバイスがもらえたり、自分に合った人を探してくれるなど、小規模だからこそできる魅力もあります。また料金も大手結婚相談所より安く設定されているところがほとんど。またイベントも大手結婚相談所のように全国的ではないので、参加しやすいところで行われます。そのためいろいろなイベントに参加することができ、相手を見つけることができるのです。会員数が大手ほどでない変わりに、どんどんいろいろなイベントで、出会いの場を提供している結婚相談所が多いのも地域密着型の良いところと言えます。