仲介型も人気

結婚相談所を選ぶときに、どのような結婚相談所を選ぶといいでしょう。成功率がとても高い結婚相談所の一つに仲人型というものがあります。地域密着型結婚相談所の一つで、スタッフが完全に仲人役になって紹介してくれるというタイプです。ちなみに、結婚相談所【FIORE】も、地域密着型結婚相談所を行っています。会員の好み、条件、性格などを知り尽くしたスタッフにしっかりお似合いのタイプを紹介してもらえます。ある意味、昔ながらの結婚相談所とも言えそうです。

現在はネットが普及したことによって、結婚相談所といってもネット上で、自分でマッチングさせ、中間にスタッフが少し入って相手の人とメールのやり取りからスタートするようなタイプの結婚相談所も増えています。しかし面倒見のいい、おばちゃん、おじちゃんの存在がいなくなってしまった現在、地域密着型の結婚相談所が人気となっているのです。

規模の小さい地域密着型結婚相談所では、それこそスタッフはご夫婦と数人という場合も。しかしアットホームなスタッフたちが、親せきのおじさん、おばさんのように結婚相手を紹介してくれます。たまには理想が高すぎると注意してくれたり、耳の痛いことを言ってくれることも。だからこそ、成婚率も高くなるのではないでしょうか。

地域密着型の魅力

大手結婚相談所でも、結局成婚するのは多くが近隣の人たちだという現実があるのです。やはりあまり遠くに住んでいる人とは、イベントなどの参加地も違うなど出会うこともなかなかありません。だったら最初から地域に強い地域密着型の結婚相談所の方が、利用しやすいということがあるのです。

特にスタッフがしっかりかかわってくれるところが多く、個人個人の細部まで知っている関係になれるため、紹介する場合も好みや理想の的を得ていることも魅力です。また今までのように1:1のお見合い形式だけでなく、さまざまなイベントでの出会いの方がカップルができやすいということもあり、地域密着型結婚相談所ではさまざまなイベントを行っています。

例えばパン教室を実施して、パン作りから一緒にパンを食べて、楽しい会話を楽しむなど地域密着型ならこそできるいろいろなイベントが開催されます。紹介された相手の人もみんなある意味地域同士なので、共通感を持つことのでき話がはずみやすいということも。もちろんその後のデートも同じ地域だからこそ無理なくできるのです。このように地域密着型結婚相談所には成婚のためのメリットがいっぱいなのです。やはり現在澄んでいる地域が遠いと、デートはなかなかできずに結局関係が終わってしまうことが多くなります。

結婚相談所のタイプ

結婚適齢期が高齢化してきた現在、結婚相談所の利用者がとても増えています。そんな中、結婚相談所には大手結婚相談所と地域密着型結婚相談所の2種類に分けることができるのではないでしょうか。どちらもメリット、デメリットがありますが、まず大手結婚相談所の場合、会員数が非常に多いため、自分にぴったりの人を探しやすいというメリットがあります。大手結婚相談所では会員が5万人を超す相談所もあります。特に最近はネットを利用した結婚相談所がほとんどなので、日本中の多数の会員の中からマッチングする人を簡単に探せるという魅力も。また大手結婚相談所はメディアや雑誌などのCMなどで目にする機会も多く、利用者にとっては安心感にもなります。

もう一つのタイプである地域密着型結婚相談所の場合は大手とは逆に、あまり名前も知られていない相談所がほとんど。それに大手結婚相談所のように登録人数も小規模です。しかしスタッフとの関係はアットホームで、とても親切にいろいろなアドバイスがもらえたり、自分に合った人を探してくれるなど、小規模だからこそできる魅力もあります。また料金も大手結婚相談所より安く設定されているところがほとんど。またイベントも大手結婚相談所のように全国的ではないので、参加しやすいところで行われます。そのためいろいろなイベントに参加することができ、相手を見つけることができるのです。会員数が大手ほどでない変わりに、どんどんいろいろなイベントで、出会いの場を提供している結婚相談所が多いのも地域密着型の良いところと言えます。